本文へスキップ

西知多医療厚生組合は、東海市と知多市で構成される一部事務組合です。

サイト内検索

組織概要ORGANIZATION

組織図



役職者氏名 ※平成29年6月20日現在


 役職  氏名  備考
 管理者 宮島 壽男  知多市長
 副管理者   鈴木 淳雄  東海市長
渡辺 正敏  知多市副市長
近藤 福一  東海市副市長
 議長 井上 正人  東海市議会議長
  冨田 一太郎  知多市議会議長
 議会運営委員会副委員長 工藤 政明  東海市選出議員
  田中 雅章
冨田 博巳
議会運営委員会委員 斉藤  誠
  川ア  一
  井上 純一
竹内 慎治  知多市選出議員
  古俣 泰浩
   渡邉 眞弓
大村 聡
  勝崎 泰生
  島ア 昭三
 監査委員  小幡 勇次  識見者
田中 雅章  議会選出

組合の沿革


 年 月 内    容
 昭和37年6月 横須賀町、上野町、知多町で共同し尿消化槽設置準備委員会を設置
 昭和39年4月 「西知多衛生組合」設立(知事許可)
 昭和41年3月 し尿消化槽施設完成
 昭和42年4月 し尿処理開始
 昭和44年4月 横須賀町、上野町が合併し、東海市となる
  西知多衛生組合と西知多伝染病院組合を統合し、東海市と知多町で「西知多厚生組合」を設立(知事許可)
 昭和45年9月 知多町が知多市となる
 昭和51年3月 し尿処理施設(衛生センター)完成、稼働
処理能力100kl 嫌気性消化方式+高度処理
 昭和53年9月 組合テニスコートオープン(2面)
 平成2年10月 し尿処理施設建築調査協議会設置
 平成8年3月 し尿処理施設完成、稼働
処理能力100kl 高負荷脱窒素処理方式+高度処理
 平成11年4月 伝染病事務廃止
 平成16年11月 組合グラウンドゴルフ場オープン(16ホール)
 平成22年4月 組合への東海市、知多市の病院事業移管
組合の名称を「西知多医療厚生組合」に改称
 平成23年3月 新病院建設基本構想・基本計画を策定
 平成24年5月 東海市民病院分院を廃止し、東海市民病院を移転 
 平成24年9月 旧東海市民病院定礎解体式
 平成25年3月 旧東海市民病院解体完了
 平成26年4月 組合への看護専門学校事業移管
名称を「公立西知多看護専門学校」に改称
 平成26年12月 組合でのごみ処理施設建設事業を開始
 平成27年3月 公立西知多総合病院竣工式
 平成27年5月 公立西知多総合病院開院
 平成28年2月 ごみ処理基本構想を策定

バナースペース

西知多医療厚生組合
(総務課)


〒478-0006
愛知県知多市三反田
      3丁目1番地の2
(衛生センター 事務室内)TEL: 0562-32-1597(代表)
FAX: 0562-33-7207