〒478-0017 愛知県知多市新知字七五三山1番地の2
TEL.0562-55-5700 FAX.0562-55-0413
MAIL.kansen@nishichita-aichi.or.jp

学校案内School guide

   

沿革について

 公立西知多看護専門学校は、昭和62年に知多市民病院をはじめとして、地域の看護師の確保および資質の向上を図ることを目的に開校した知多市立看護専門学校を前身としています。平成27年5月に開院した公立西知多総合病院をはじめとして、地域医療に貢献できる看護師を育成するために平成26年4月に開校しました。
【開校までの経緯】
 昭和61年4月21日:工事着手  11月30日:竣工
 昭和62年2月13日:厚生省「看護婦養成所」の指定
      3月20日:愛知県教育委員会「専修学校」の認可
      4月 9日:開校

 平成26年3月31日:知多市立看護専門学校閉校
      4月 1日:公立西知多看護専門学校開校

     

本校の使命

 本校は西知多医療圏を基盤として保健医療福祉分野で活躍できる人材の育成を目的とします。即ち、看護に関する基礎的な知識を養い、基本的な技術の熟達を図り、人間としての成長を促し、道徳的・倫理的な価値観を基に看護を実践することで、地域の保健医療福祉に貢献する人材を育成することを使命とします。

     

教育理念

 看護に携わる人は、生命の尊厳と人権を尊重し、豊かな人間愛を有し、深い教養と円満な人格、優れた理解力と包容力の持ち主であることを期待されます。
 そのために本校では基礎教育・情操教育の充実を重視し、社会人基礎力の向上を目指しています。
 看護師として必要な知識・技術を習得し、これを適切に応用する能力と科学的思考と判断力を身につけた人材を育成します。
 更に保健医療福祉分野における専門職業人としての自己の役割を認識し、他の職種の人たちとの相互理解と協力を図ると共に生涯研修に努める姿勢を有する人材を育成します。

    

アドミッションポリシー

 上記の使命および教育理念に基づく教育を実践するために、当校では以下のような学生を求めます。
 ・ひとに対する関心や思いやりのこころを持つことができる人
 ・ひととの関わりを大切にできる人
 ・看護師になろうという強い意思をもち、自ら学ぼうという意欲のある人

     

教育目的・学科・修業年限などについて

 看護師に必要な基礎的知識・基礎的技術および態度を習得し、地域住民の健康と福祉に貢献しうる人材を育成することを目的としています。
 学科は「看護学科」、修業年限は「3年」、定員は1学年「30名」です。


カリキュラムについて…こちらへ



     

施設について

敷地面積:3,573.34m2
建物概要:構造=鉄筋コンクリート 建築面積=1,882.524m2 
     延べ床面積=3,176.993m2 
  

     

実習施設について

各実習施設は、本校から比較的近くに点在していて、実習環境は良好です。 公立西知多総合病院  資生会八事病院  常滑市民病院

知多市保健センター 東海市保健福祉センター 知多市在宅ケアセンター

※リンク先はすべて別ウィンドウで開きます        

イベント・課外授業などについて

 本校では、学年間の交流の場として、また、生徒と教員が共に活動する場として「春の遠足」「1年生対象春合宿」「スポーツ大会」などを実施しています。

     

卒業後の資格について

卒業後に取得できる資格は次のとおりです。
(1)看護師国家試験受験資格
(2)保健師や助産師になる学校への受験資格
(3)看護系大学編入試験受験資格(3年次)
(4)専門士(医療専門課程)資格

     

卒業生の状況について

看護師国家試験合格率 H28 100% 
主な就職先:公立西知多総合病院 八事病院 
      碧南市民病院 など

    

学費などの費用について

入学金:80,000円
授業料:年間180,000円
教科書代、実習・見学の交通費等の費用は自己負担です。(初年度:約20万円)

    

修学資金(奨学金)等貸付制度について

 本校の修学資金などの貸付制度には、西知多医療厚生組合看護師等修学資金貸付制度、日本学生支援機構の貸付制度があります。

 西知多医療厚生組合看護師等修学資金貸付制度:西知多医療厚生組合独自のもので、修学試験に合格すると入学時に6万円、毎月3万円の修学資金を受けることができます。しかも、この制度では、平成27年度に開院した公立西知多総合病院に看護師国家試験合格後3年間勤務すると弁済が免除されます。
 日本学生支援機構(http://www.jasso.go.jp/)の貸付制度:毎年奨学生の定期採用状況に応じて、内示により採用人数が決まります。本校においては、例年、第二種奨学金で1名程度は受けられる状況です。

このページの先頭へ