〒478-0017 愛知県知多市新知字七五三山1番地の2
TEL.0562-55-5700 FAX.0562-55-0413  
MAIL.kansen@nishichita-aichi.or.jp

校長談話Principal Statement

「4月の動き」

4月が終わり、5月になりました。1年生も1か月が過ぎ、少しずつ学校生活にも慣れてきた様子がうかがえます。今の2年生は、年度末にマネジメントの授業(目標管理の基礎として、クラスの運営理念から1年間の目的、目標、計画立案をした後に個人の目標を立案するものです)を行いましたが、1年生は例年通り、4月に行うことができ、ゴールデンウィーク明けに課題の提出となります。2年生は、年度末に行ったため、1年を振り返っての課題を出すところから、クラス運営を考えました。ほぼ1年間、学んできた上での具体的な計画を立案することができました。ですから、この時期に行うことも意味があるなぁと思いました。一方、1年生は、とても創造的な話し合いが出来たと思っています。「難しいなぁ」と言いながらも、私の声掛けに再度考え直し、「おっ!」と思うアイディアを出してくれました。やはり、学生たちの思考は柔軟です。この姿勢を続けていってくれることを願っています。
2年生は、もうすぐ宣誓式です。練習も一度目より二度目、二度目より三度目…と、改善を続けています。随分離れた私のいる部屋にまで聞こえてくるほど、大きな声で宣誓の唱和を練習していました。元気がよく、楽し気な様子に、こちらも気持ちが明るくなります。当日は、心に残る式典になるだろうと楽しみにしています。
3年生は、母体病院の採用試験が終わり、精神看護学実習を控えています。精神看護学実習では、毎年、ひと回りもふた回りも成長する印象です。自分のコミュニケーションの特徴に向き合い、強みや弱みを認識する機会にもなっているからだと思います。様々な経験を通して、学生たちが少しずつ成長していく姿を見ることが出来ることは、学校ならではの喜びだと感じています。
4月の終わりに予定していた、スポーツ大会と春の遠足を合体させた「大運動会」を延期としました。2年生が、企画の原案を練り、それを元に3年生も加わって、詳細な計画を立案してくれました。学生たちが楽しい思い出を1つでも増やすことが出来るように、感染対策も含め、夏には、何とか実施できるように…と願ってやみません。


              令和3年5月 公立西知多看護専門学校
                     校長 竹内(宮原)晴子